実はネイルが嫌いな女性が多いって本当?その理由は?

赤い爪

オシャレの一環として、ネイルサロンに通っているという方もいらっしゃると思います。
可愛いネイルにしてくれるので、多くの女性からも人気があります。

しかし、中には敢えてネイルサロンに行かないという女性や、「ネイルが嫌い」「苦手」という女性も意外と多いようなのです。
ではその理由とはどのようなものなのでしょうか?

 

まず、そもそもネイルをしたくないという意見です。
昔から爪を大切にしてきたので、ネイルをすることに少々抵抗があるという意見であったり、
お料理をするからとか、ピアノを弾いているなどの理由で、爪には何もしたくないという意見もありました。

このように最初からネイルをすることに抵抗があるという理由があるようです。
爪を大切にしたいという女性に多い理由です。

また他にも、ネイルの維持の大変さがあります。
ネイルが剥がれてくると、逆にみっともなく見えるので、少しでも剥がれたら直しに行くのが面倒くさいという意見であったり、
ネイルが剥がれないように気をつけながら生活するのが大変という意見もありました。

確かにネイルをしてもらった時は綺麗になっていますが、生活をしているうちに段々と剥がれてきてしまいます。
それを逐一直しに行くのが面倒くさいという意見が多くありました。

他にも、毎月定期的にやらなくてはならないので、お金がかかるという意見であったり、
職場がそもそもネイルを禁止しているということもあるようです。

このように、ネイルを敢えてしないという女性は実は多くいるようです。

確かにお洒落として人気のネイルですが、無理やりする必要も無いと思います。

特に私たちマダム世代は節度を持ったデザインでないと「痛い」女性になってしまいます。
また、ネイルの色味も気をつけないと、手の加齢を強調してしまう場合がありますので注意が必要です。
見た目は若いのに、手から年齢が推測されるようなおばさんになりたくはないですよね。

年齢相応の品を保ちつつ、自分がやりたいお洒落をぜひ楽しんでいってくださいね!

赤い爪